【イベント】2020年度第3回J-STAGEセミナー「ジャーナルから見た研究データ:データ公開の実践」(3/1・オンライン)

2021年3月1日、2020年度第3回J-STAGEセミナー「ジャーナルから見た研究データ:データ公開の実践」が、オンラインで開催されます。

2020年度のJ-STAGEセミナーは、オープンサイエンスの進展や研究不正の防止といった観点で、研究データの公開を重視する動きが増えていることから、年間テーマを「ジャーナルから見た研究データ」と定め、論文根拠データの公開に関する情報を提供しています。

第3回セミナーでは、2020年3月に運用を開始した「J-STAGE Data」を利用する学会からの事例紹介や、国立研究開発法人における研究データ公開の取組の紹介等が行われます。

参加費は無料であり、事前の申込が必要です。

当日予定している主な内容は以下の通りです。

・「日本気象学会「気象集誌」におけるJ-STAGE Dataの利用の取り組み」
佐藤正樹氏(日本気象学会)

・「デジタルアーカイブ学会誌でJ-STAGE Dataを登載してみた」
時実象一氏(デジタルアーカイブ学会)

・「ライフサイエンスにおけるデータサイエンス:J-STAGE Dataへの期待」
中村春木氏(日本生物物理学会)

・「130年の歴史がある学術誌がJ-STAGE Dataを使う」
太田博樹氏(日本人類学会)

・「日本原子力研究開発機構(JAEA)におけるデータポリシー策定と制度化の取り組み」
熊崎由衣氏(日本原子力研究開発機構)

・「海洋研究開発機構(JAMSTEC)における研究データ公開と利活用」
福田和代氏(海洋研究開発機構)

・「研究データの公開・利用条件指定ガイドラインの策定」
南山泰之氏(国立情報学研究所)

・「J-STAGEの今年度の取り組みと次年度の予定」
科学技術振興機構(JST)

お知らせ一覧(J-STAGE)
https://www.jstage.jst.go.jp/static/pages/News/TAB1/Current/Page1/-char/ja
※2021年1月29日付で「2021年3月1日 2020年度 第3回J-STAGEセミナーを開催します。」と掲載されています。

イベント情報(J-STAGE)
https://www.jstage.jst.go.jp/static/pages/News/TAB4/Page1/-char/ja

参考:
【イベント】第2回J-STAGEセミナー 「ジャーナルから見た研究データ:国際動向」(10/27・オンライン)
Posted 2020年9月29日
https://current.ndl.go.jp/node/42112

E2271 - J-STAGE Data:オープンサイエンス時代の新たなサービス
カレントアウェアネス-E No.393 2020.06.25
https://current.ndl.go.jp/e2271

E2250 - 研究データの公開・利用条件指定ガイドラインの策定
カレントアウェアネス-E No.389 2020.04.23
https://current.ndl.go.jp/e2250