英・JiscとSpringer Nature社、既存の“Read and publish”契約の対象に医学・科学関連学会のジャーナルコレクション“Academic Journals”を追加して2022年まで延長

2021年1月20日、英国のJiscとSpringer Nature社は、締結済のSpringerブランドのジャーナルに関する転換契約について、nature.comが提供する医学・科学関連学会のジャーナルコレクション“Academic Journals”のタイトルを対象に加えて契約期間を延長したことを発表しました。

2,200誌以上のSpringerブランドのジャーナルと38誌のAcademic Journalsのジャーナルを対象とした同契約は、2021年1月から2022年12月までを契約期間とし、英国の104大学が参加しています。2020年には同契約によって4,674件の論文がオープンアクセス(OA)となっており、対象タイトルの増加等によって、2021年には英国で助成を受けた研究成果物の出版や利用のさらなる増加が見込まれる、としています。

Jisc and Springer Nature extend commitment to open access publishing(Jisc,2021/1/20)
https://www.jisc.ac.uk/news/jisc-and-springer-nature-extend-commitment-to-open-access-publishing-20-jan-2021

Springer Nature and Jisc extend commitment to open access publishing(Springer Nature,2021/1/20)
https://group.springernature.com/gp/group/media/press-releases/springer-nature-and-jisc-extend-commitment-to-oa-publishing/18779274

参考:
英・JiscとSpringer Nature社、オープンアクセス(OA)出版に関する合意を更新し“Read and publish”契約の締結を発表
Posted 2019年5月13日
https://current.ndl.go.jp/node/38140

英国初の“Read & Publish”契約となった2016年から2018年の“Springer Compact”試験契約に関する英・Jiscの評価(文献紹介)
Posted 2020年1月7日
https://current.ndl.go.jp/node/39892

CA1977 - 動向レビュー:学術雑誌の転換契約をめぐる動向 / 尾城孝一
カレントアウェアネス No.344 2020年6月20日
https://current.ndl.go.jp/ca1977