オランダのData Archiving and Networked Services(DANS)、2021年から2025年の戦略プログラムとして“Focus on FAIR: DANS 2021-2025”を発表

2020年12月10日付で、オランダの学術情報の収集・提供機関であるData Archiving and Networked Services(DANS)が、2021年から2025年までの5年間における新戦略プログラム“Focus on FAIR: DANS 2021-2025”を策定したことを発表していました。

DANSは、オランダの研究データの基盤環境に成功をもたらすものは何か、DANSはそこへどのように貢献できるか、の2つの問いを出発点として、第4期の戦略プログラムである“Focus on FAIR: DANS 2021-2025”を策定しました。新しい戦略プログラムは、「FAIR原則に準拠した研究データに関する専門知識の中心拠点」、「多用途に対応可能なデータリポジトリ」、「外部との積極的な協力関係の構築」の3つの柱で構成されています。

Focus on FAIR: programme DANS 2021-2025(DANS,2020/12/10)
https://dans.knaw.nl/en/current/focus-on-fair-programme-dans-2021-2025

DANS 2021-2025(DANS)
https://dans.knaw.nl/en/about/organisation-and-policy/policy-and-strategy/dans-2021-2025

参考:
Data Archiving and Networked Services、2011-2015年の戦略計画を発表(オランダ)
Posted 2011年6月24日
https://current.ndl.go.jp/node/18499

オランダにおける研究データ管理の現状をまとめたレポートが公開される
Posted 2019年5月28日
http://current.ndl.go.jp/node/38239

DryadとDANS、研究データの長期保存とアクセシビリティの保証で協同
Posted 2017年7月14日
https://current.ndl.go.jp/node/34369

E2052 - FAIR原則と生命科学分野における取組状況
カレントアウェアネス-E No.353 2018.08.30
https://current.ndl.go.jp/e2052