欧州図書館・情報・ドキュメンテーション協会連合、欧州各国の図書館制度や文化・教育政策以外の政策における図書館の責務について専門家に質問調査した中間報告書を公表

2020年12月15日、欧州図書館・情報・ドキュメンテーション協会連合(EBLIDA) が、中間報告書“Library Legislation and Policy in Europe”を公表しました。

同報告書は、欧州各国の図書館制度内での図書館の責務、地域レベルでの図書館の責務、文化・教育政策以外の政策における図書館の責務について、EBLIDAが指名した28人の専門家を対象に、フランスの文化省と共同で質問調査した結果です。調査結果には、指名した28人以外に回答を希望した4人の専門家の回答も含まれています。

EBLIDAでは、2019年から2022年までの戦略計画の一環として、2000年に承認された、同会と欧州評議会(Council of Europe)による「ヨーロッパにおける図書館法制・政策に関するガイドライン(Guidelines on Library Legislation and Policy)」の改定を視野に入れ協議を進めているとしています。

Press Release: Library Legislation and Policy in Europe: Results of a Questionnaire - Interim Report(EBLIDA,2020/12/15)
http://www.eblida.org/news/pr-library-legislation-policy-in-europe-results.html

Library Legislation and Policy in Europe: Results of a Questionnaire - Interim Report [PDF:15ページ]
http://www.eblida.org/News/2020/EBLIDA_Library-Legislation-and-Policy-in-Europe.pdf

参考:
CA1375 - ヨーロッパの図書館法制・政策に関するガイドライン / 倉橋哲朗
カレントアウェアネス No.259 2001.03.20
https://current.ndl.go.jp/ca1375