欧州委員会(EC)、オープンアクセス出版プラットフォーム“Open Research Europe”へHorizon 2020による助成を受けた研究成果物の投稿受付を開始

欧州委員会(EC)の研究資金助成プログラムHorizon 2020が、2020年11月26日付のTwitterアカウントによる投稿で、同委員会の運営するオープンアクセス(OA)出版プラットフォーム“Open Research Europe”が研究成果の投稿の受付を開始したことを発表しています。

“Open Research Europe”は、Horizon 2020及び後継のプログラムHorizon Europeの助成を受けた研究成果物に対して、迅速な公開とオープン査読を提供するため、欧州委員会が構築を進めているOA出版プラットフォームです。11月26日以降、Horizon 2020の助成対象のあらゆる分野の研究者は、助成期間中、及び助成期間終了後に、研究成果物を“Open Research Europe”へ投稿することが可能になっています。論文処理費用(APC)を欧州委員会が負担するため、投稿時に研究者の費用負担は発生しません。

投稿された研究成果物は、2021年3月の“Open Research Europe”の正式運用開始時に公開されます。

@EU_H2020(Twitter,2020/11/26)
https://twitter.com/EU_H2020/status/1331975826494132228

Open Research Europe (ORE) Now Open For Submissions(LIBER,2020/12/3)
https://libereurope.eu/article/open-research-europe-ore-now-open-for-submissions/

Open Research Europe
https://open-research-europe.ec.europa.eu/

参考:
欧州委員会(EC)、Horizon 2020・Horizon Europeからの助成を受けた研究成果をOAで出版するプラットフォーム構築に関しF1000Researchと契約
Posted 2020年3月24日
https://current.ndl.go.jp/node/40581

OpenAIRE、オープンアクセス出版プラットフォーム“Open Research Europe”の構築に関してF1000 Researchと覚書を締結
Posted 2020年6月29日
https://current.ndl.go.jp/node/41376

株式会社紀伊國屋書店、F1000Researchの学術機関向け日本販売総代理店契約を締結
Posted 2020年11月9日
https://current.ndl.go.jp/node/42459

E2288 - 研究成果公開の新たな国際標準に向けた筑波大学の取組
カレントアウェアネス-E No.396 2020.08.20
https://current.ndl.go.jp/e2288