英国勅許公共財務会計協会(CIPFA)、図書館による孤独感の軽減効果を調査したレポートを公開

2020年12月4日、英国勅許公共財務会計協会(CIPFA)は、図書館による孤独感の軽減効果を調査したレポート“Manchester Libraries:Research into how libraries help people with loneliness and isolation”の公開を発表しました。

本レポートは、孤独感に関する設問を含む2種類の調査の回答データを利用して作成されました。英・マンチェスター市議会が2020年2月に実施したマンチェスター図書館の利用者調査と、英国のデジタル・文化・メディア・スポーツ省(DCMS)が2019年4月から2020年3月にかけて実施した「コミュニティー生活調査」(Community Life Survey)です。

マンチェスター図書館の利用者調査では、約4割の回答者が孤独感や他者からの孤立感を経験していると答えています。「しばしば」「時々」(often or sometimes)孤独感を感じると答えた回答者に対し、図書館が孤独感の軽減に効果があるかを尋ねたところ、8割以上があると回答しました。レポートでは、年齢層や性別といった属性別の回答結果も示しています。

発表では、CIPFAが毎年公表している英国公共図書館の年次統計において、マンチェスター中央図書館が2年連続で最も来館者数の多い館であったことも紹介しています。

Manchester libraries survey: Libraries reduce feelings of loneliness(CIPFA, 2020/12/4)
https://www.cipfa.org/about-cipfa/press-office/latest-press-releases/manchester-libraries-survey-libraries-reduce-feelings-of-loneliness

Manchester Libraries - Research into how libraries help people with loneliness and isolation(CIPFA)
https://www.cipfa.org/policy-and-guidance/reports/manchester-libraries-research-into-how-libraries-help-people-with-loneliness-and-isolation
※レポートのダウンロード用リンクが掲載されています。

参考:
カーネギー英国財団、新型コロナウイルス感染症拡大に伴うロックダウンが英国の公共図書館サービスに与えた影響を評価した報告書を公開
Posted 2020年10月21日
https://current.ndl.go.jp/node/42317

英国勅許公共財務会計協会(CIPFA)、英国の公共図書館に関する年次統計(2019/2020)を発表
Posted 2020年12月7日
https://current.ndl.go.jp/node/42706