ホームレスへの貸出制限で集団訴訟が起こる(米国)

米国マサチューセッツ州のWorcester Public Libraryでは、一般市民への貸出限度冊数が40冊であるのに対し、ホームレスに対するそれは2冊としたところ、3人のホームレスが図書館を相手取り、連邦地方裁判所に集団訴訟(Class Action)を起こしたそうです。

Worcester, MA, Library Sued Over Policy Toward Homeless
http://www.libraryjournal.com/article/CA6351611.html

IN WORCESTER, SUIT FILED OVER LIBRARY'S HOMELESS POLICY
http://www6.lexisnexis.com/publisher/EndUser?Action=UserDisplayFullDocument
&orgId=1593&topicId=21355&docId=l:405141060

(参考)
蔵書の亡失−対応策は「ホームレスへの貸出制限」(米国)
http://www.dap.ndl.go.jp/ca/modules/car/index.php?p=1749