北米の研究図書館センター(CRL)、ブラジルのジェトゥリオ・ヴァルガス財団によるブラジル史上で重要な役割を果たした9人の女性の個人アーカイブのデジタル化公開を支援

2020年11月30日、北米の研究図書館センター(CRL)は、ブラジルのジェトゥリオ・ヴァルガス財団(Fundação Getulio Vargas)が同センターの支援により、アーカイブコレクションの公開を実現したことを発表しました。

公開されたアーカイブコレクションは、20世紀を中心にブラジルの女性参政権・社会運動・政治活動等で重要な役割を果たした9人の女性について、その個人アーカイブをデジタル化したコレクションです。同財団に所属するブラジル現代史研究・資料センター(Centro de Pesquisa e Documentação de História Contemporânea do Brasil:Center for Research and Documentation of Contemporary History of Brazil:CPDOC)がキュレーションした3万5,000点以上の画像等が収録されており、CPDOCのウェブサイト上で公開されています。

同コレクションは、地域研究・国際研究にとって必要な一次資料やデータに対する電子的なアクセスを拡大するためのCRLのイニシアチブ“Global Collections Initiative”の枠組みで取り組まれました。

Brazilian Women's Archives digitized with support from Center for Research Libraries(CRL,2020/11/30)
https://www.crl.edu/news/brazilian-womens-archives-digitized-support-center-research-libraries

CPDOC
https://cpdoc.fgv.br/

関連:
New Mellon Foundation Support for International Effort on Global Resources(CRL,2016/10/28)
https://www.crl.edu/news/new-mellon-foundation-support-international-effort-global-resources

参考:
研究図書館センター(CRL)のLatin American Materials Project(LAMP)、ブラジルの新聞“ Diario de Pernambuco”をデジタル化して公開
Posted 2015年8月31日
https://current.ndl.go.jp/node/29315

ドイツの女性運動に関するデジタルアーカイブが公開される
Posted 2018年10月26日
https://current.ndl.go.jp/node/36922