WARCnet、新型コロナウイルス感染症に関するウェブアーカイブの概要を調査した一連のレポートを公開中:欧州の複数機関を対象として担当者にインタビューを実施

2020年11月3日、WARCnet(Web ARChive studies network)は、レポートシリーズ“Exploring special web archives collections related to COVID-19”として、新たに3つのレポートを公開したことを発表しました。

同シリーズでは、新型コロナウイルス感染症に関する欧州各国のウェブアーカイブの概要を、担当者へのインタビューにより調査しています。これまでに、フランス国立視聴覚研究所(INA)、ルクセンブルク国立図書館(BnL)、デンマークのウェブアーカイブ“Netarkivet”、ハンガリーの国立セーチェーニ図書館を対象としたレポートが公開されており、新規公開分では英国のウェブアーカイブ“UK Web Archive”、スイス国立図書館、国際インターネット保存コンソーシアム(IIPC)を対象としています。

なお、WARCnetは、ウェブアーカイブ研究者等を対象としたネットワーク活動であり、研究者らに国際的・学際的な活動の場を提供しています。デンマーク・オーフス大学のコミュニケーション・文化学部(School of Communication and Culture)による主導の下、活動は2020年から2022年にかけて実施されます。

Exploring special web archives collections related to COVID-19: Three new WARCnet Papers publications(WARCnet, 2020/11/3)
https://cc.au.dk/en/warcnet/news/view/artikel/exploring-special-web-archives-collections-related-to-covid-19-three-new-warcnet-papers/

WARCnet Papers(WARCnet)
https://cc.au.dk/en/warcnet/warcnet-papers/
※WARCnetの活動に関連する資料を公開するページであり、レポートシリーズ“Exploring special web archives collections related to COVID-19”も本ページで公開されています。

参考:
国際インターネット保存コンソーシアム(IIPC)、新型コロナウイルス感染症に関するウェブアーカイブ“Novel Coronavirus (COVID-19) ”を公開
Posted 2020年3月18日
https://current.ndl.go.jp/node/40537

ルクセンブルク国立図書館(BnL)、新型コロナウイルス感染症に関するウェブアーカイブプロジェクトの結果を公開
Posted 2020年9月29日
https://current.ndl.go.jp/node/42110

韓国国立中央図書館(NLK)、新型コロナウイルス感染症に関するウェブアーカイブを公開へ:国際インターネット保存コンソーシアム(IIPC)による同感染症のウェブアーカイブプロジェクトにも参加
Posted 2020年3月10日
https://current.ndl.go.jp/node/40442

E2321 - JADS第99回研究会「新型コロナ資料の収集」<報告>
カレントアウェアネス-E No.402 2020.11.12
https://current.ndl.go.jp/e2321