オープンアクセスリポジトリ推進協会(JPCOAR)、研究者向けの研究データ管理に関する教材「研究者のための研究データマネジメント」を公開

2020年10月30日、オープンアクセスリポジトリ推進協会(JPCOAR)は、研究者向けの研究データ管理(RDM)に関する教材「研究者のための研究データマネジメント」を公開したことを発表しました。

同教材は、JPCOARの研究データ作業部会によって作成されました。「RDMトレーニングツール」「研究データ管理サービスの設計と実践」に続く、JPCOARのRDMに関する第3弾の教材に位置づけられています。研究支援者としての目線から、大学や研究機関等の研究者向けに作成された教材集であり、研究データ管理の場面に応じた12のテーマ別に、研究者自身の必要な知識の習得、環境やニーズに応じた加工による研究支援者のRDMサービスの提供を想定した内容です。

教材「研究者のための研究データマネジメント」の公開(JPCOAR,2020/10/30)
https://jpcoar.repo.nii.ac.jp/?page_id=141#_href_549

教材「研究者のための研究データマネジメント」(JPCOAR)
http://id.nii.ac.jp/1458/00000247/

参考:
オープンアクセスリポジトリ推進協会(JPCOAR)、研究データ管理のための教材「RDMトレーニングツール」を公開
Posted 2017年6月7日
https://current.ndl.go.jp/node/34115

E2227 - SPARC Japanセミナー2019特別編<報告>
カレントアウェアネス-E No.385 2020.02.13
https://current.ndl.go.jp/e2227

E2256 - 第3回SPARC Japanセミナー2019<報告>
カレントアウェアネス-E No.390 2020.05.14
https://current.ndl.go.jp/e2256

CA1980 - データ引用を研究活動の新たな常識に:研究データ利活用協議会(RDUF)リサーチデータサイテーション小委員会の活動 / 能勢正仁,池内有為
カレントアウェアネス No.345 2020年9月20日
https://current.ndl.go.jp/ca1980

CA1983 - 動向レビュー:Machine-actionable DMPs(maDMPs)の動向 / 常川真央
カレントアウェアネス No.345 2020年9月20日
https://current.ndl.go.jp/ca1983