カナダ研究図書館協会(CARL)、カナダ国立図書館・文書館(LAC)との冊子体資料の共同管理に関するプロジェクトの最終報告書を公表:共同管理ネットワーク設立を成功させるための13の提言

2020年9月15日、カナダ研究図書館協会(CARL)は、カナダ国立図書館・文書館(LAC)との冊子体資料の共同管理に関するプロジェクトの最終報告書“Final Report of the Canadian Collective Print Strategy Working Group”を公表しました。

2018年7月に立ち上げられた、大学・公共・政府の図書館および冊子体の共同管理プログラムを実施している地域コンソーシアムの代表14人からなるCanadian Collective Print Strategy Working Groupが実施した、北米の既存の共同管理事業や国内の保存書庫の調査や、26の参加館による冊子体の政府刊行物を対象とした試験的な重複調査の結果に基づくものです。

同報告書は、カナダの全国規模での冊子体の共同管理ネットワーク設立を成功させるための13の提言を行っており、そのなかでは、プレーリー・太平洋大学図書館協議会(COPPUL)が同ネットワークの管理者となることを求めています。

また、図書館やコンソーシアムとの協議において、そのようなネットワークへの参加への関心や熱意が非常に高いことから、2021年初頭までに運営委員会が設置されることを期待するとしています。

New CARL-LAC Report Proposes National Shared Print Network for Canada(CARL,2020/9/15)
https://www.carl-abrc.ca/news/new-carl-lac-report-proposes-national-shared-print-network-for-canada/

Final Report of the Canadian Collective Print Strategy Working Group [PDF:35ページ]
https://www.carl-abrc.ca/wp-content/uploads/2020/09/CCPSWG_final_report_EN.pdf

参考:
カナダ研究図書館協会(CARL)とカナダ国立図書館・文書館(LAC)、カナダ国内で出版された冊子体資料の共同管理プロジェクトを実施
Posted 2019年10月18日
https://current.ndl.go.jp/node/39295

OCLC Research、北米の図書の共同管理コレクションの現状をまとめたポジションペーパーを公開
Posted 2019年10月10日
https://current.ndl.go.jp/node/39241

CA1819 - 北米における冊子体資料の共同管理の動向 / 村西明日香
カレントアウェアネス No.319 2014年3月20日
https://current.ndl.go.jp/ca1819