北海道大学、アドビ株式会社との共同研究で開発したデジタルリテラシーに関するオープン教材を公開

北海道大学が2020年9月11日付のプレスリリースで、高等教育推進機構オープンエデュケーションセンターが、アドビ株式会社との共同研究で開発したデジタルリテラシーに関するオープン教材を公開したことを発表しました。

同センターは2019年度にアドビ株式会社と共同研究契約を締結し、デジタルリテラシー教育で求められる批判的思考や創造的問題解決力を育成するオープン教材として、大学初年次教育を対象に、批判的思考や創造的問題解決力を根底から支える思考技術として「デザイン思考」を教授し、デジタルツールを活用した制作活動を通してデジタルリテラシーを深く学ぶことを目的に開発中の全4章からなるオープン教材の開発を進めています。今回、「第2章.デジタルプロダクトの読解」に対応する3つのコンテンツとして、「2-1 デジタルプロダクトの機能」、「2-2 デジタルプロダクトの観察」、「2-3 デジタルプロダクトの評価」が公開されました。

同センターは、共同研究で開発したオープン教材を学内外の教育に活用し実践研究を蓄積する予定であり、2020年7月には北海道大学の初年次向け授業「大学生のためのデジタルリテラシー入門」の教材として活用されました。今後の計画として、連携大学での利用やオープン教材をもとにしたMOOCの開講を挙げています。

北海道大学×アドビによるオープン教材を公開~21世紀型スキル及びデジタルリテラシーの学習基盤づくりに期待~ [PDF:4ページ](北海道大学,2020/9/11)
https://www.hokudai.ac.jp/news/pdf/200911_pr.pdf

2-1 デジタルプロダクトの機能
https://spark.adobe.com/page/KOMwLnnHrw2t3/

2-2 デジタルプロダクトの観察
https://spark.adobe.com/page/uxNmLGKZzZuMW/

2-3 デジタルプロダクトの評価
https://spark.adobe.com/page/V2Rq71zGYcC5i/

参考:
ユネスコ、オープン教育資源(OER)の促進を目的とした勧告を採択
Posted 2019年12月4日
https://current.ndl.go.jp/node/39658

米・Babson Survey Research Group、高等教育機関における教員のオープン教育資源(OER)への意識調査報告書2018年版を公開
Posted 2019年1月10日
https://current.ndl.go.jp/node/37349

CA1811 - 動向レビュー:MOOCの現状と図書館の役割 / 重田勝介
カレントアウェアネス No.318 2013年12月20日
https://current.ndl.go.jp/ca1811