クイーンズ大学ベルファスト校図書館(英国・北アイルランド)、2019年4月から2020年3月における同校の論文処理費用(APC)支出状況を報告

2020年8月27日、英国・北アイルランドのクイーンズ大学ベルファスト校図書館は、同館のオープンアクセス(OA)チームが2019年4月から2020年3月の同校の論文処理費用(APC)支出状況に関するレポートを公開したことを発表しました。

同館は作成されたレポートに基づいて、2019年4月から2020年3月の期間に、ゴールドOAルートで同校から212本の論文が公開され、APCの合計額が23万6,822ポンドであったことを報告しています。また、注目すべき点として、以下の3点を挙げています。

・ハイブリッドジャーナルに支払われるAPCは、完全OAジャーナルに支払われるAPCよりもかなり高額となっている
・全体の76%が完全OAジャーナルへのAPC支出であった
・APCが最も高額であったのは米国化学会(ACS)のハイブリッドジャーナル“ACS pharmacology and translational science”に支払われた4,750ポンドであった

同館のOAチームが作成したレポートは、同校の機関リポジトリ“Queen's University Belfast Research Portal”上で、作成の根拠となった英・Jisc Collectionsが収集するAPC支出状況に関するデータ等とともに、Excelファイル形式で公開されています。

Queen’s University Belfast APC expenditure for 2019 – 2020(Queen’s University Belfast Library Blog,2020/8/27)
https://blogs.qub.ac.uk/library/2020/08/27/queens-university-belfast-apc-expenditure-for-2019-2020/

Queen’s University Belfast APC expenditure for 2019 – 2020(Queen's University Belfast Research Portal,2020/8/26)
https://pure.qub.ac.uk/en/publications/queens-university-belfast-apc-expenditure-report-april-2019-march

参考:
大学図書館コンソーシアム連合(JUSTICE)、論文公表実態調査(2019年度)の結果を公開
Posted 2020年3月4日
https://current.ndl.go.jp/node/40394

京都大学図書館機構、「平成27年度学内オープンアクセス費支出状況調査報告書」を公開
Posted 2016年5月19日
https://current.ndl.go.jp/node/31626

E1579 -日本におけるOAジャーナル投稿とAPC支払いをめぐる調査
カレントアウェアネス-E No.262 2014.07.10
https://current.ndl.go.jp/e1579