米・カリフォルニア大学サンディエゴ校図書館、シリア内戦で破壊されたベル神殿のデジタル復元を公開

2020年8月20日、米国のカリフォルニア大学サンディエゴ校図書館が、2015年のシリア内戦で破壊されたベル神殿のデジタル復元を公開したことを発表しました。

同館のデジタル・メディア・ラボ(Digital Media Lab)により、最先端の3Dや人工知能(AI)の技術を用いてデジタル復元が行われました。発表によると、シリアのパルミラにおける文化遺産のデジタル復元を目的としたプロジェクト“#NEWPALMYRA”等でオープンアクセス(OA)で公開されているベル神殿の写真3,000枚以上が復元に用いられました。

ウェブビューワーはGoogle Chrome、Firefox、Microsoft Edge、仮想現実(VR)ビューワーはFirefox WebVRをサポートしています。

Destroyed Ancient Temple Now Open for Virtual Exploration(UC San Diego Library,2020/8/20)
https://library.ucsd.edu/news-events/destroyed-ancient-temple-now-open-for-virtual-exploration/

Temple of Bel in Palmyra, Syria(UC San Diego Library)
https://pointcloud.ucsd.edu/Palmyra_Temple_of_Bel.html

関連:
#NEWPALMYRA
https://newpalmyra.org/

参考:
Google Arts & Cultureで、危機的な状況にある世界の遺跡の3Dデータコレクション“Open Heritage”が公開
Posted 2018年4月17日
https://current.ndl.go.jp/node/35863

デジタル化技術を開発するスタートアップ"Iconem"(フランス)、シリアの文化遺産のデータベースを公開
Posted 2016年3月17日
https://current.ndl.go.jp/node/31041

危機に瀕する中東・北アフリカ地域の考古遺跡に関するオンラインデータベース“EAMENA Database”が公開
Posted 2017年6月6日
https://current.ndl.go.jp/node/34107

イスラム過激派組織「イスラミックステート(IS/ダーイシュ)」 イラクの文化財を破壊か
Posted 2015年2月27日
https://current.ndl.go.jp/node/28069