国立国会図書館、中期ビジョン「ユニバーサル・アクセス2020」及び「活動目標2017-2020」に関する「中期暫定評価」と「中期総括評価の枠組み」を公開

国立国会図書館(NDL)がウェブサイト上で、2020年8月6日付で策定された「国立国会図書館中期暫定評価」と「国立国会図書館中期総括評価の枠組み」を公開しています。

NDLは2017年から2020年までの4か年について、中期ビジョン「ユニバーサル・アクセス2020」、及び中期ビジョンの実現に向けた中期的な活動目標「国立国会図書館 活動目標2017-2020」を掲げています。活動目標の下に、毎年度「重点事業」を決定し、年度終了後にこれらの事業の取組状況について評価してきましたが、2019年度の評価に当たっては、次期ビジョンの策定等に資するため、2017年度から2019年度までの3か年の取組の総括的な評価を実施し、「国立国会図書館中期暫定評価」として公開しています。

また、最終年度となる2020年度は4か年の取組を総括的に評価する「中期総括評価」の実施を予定しており、評価のための枠組みが公開されています。

新着情報一覧(NDL)
https://www.ndl.go.jp/jp/news/index.html
※2020年8月21日欄に「「国立国会図書館中期暫定評価」および「国立国会図書館中期総括評価の枠組み」を掲載しました」とあります。

国立国会図書館中期暫定評価(NDL)
https://www.ndl.go.jp/jp/aboutus/evaluation/r1.html

国立国会図書館中期暫定評価 [PDF:326KB](NDL)
https://www.ndl.go.jp/jp/aboutus/evaluation/pdf/evaluation_r1_all.pdf

国立国会図書館中期総括評価の枠組み [PDF:322KB](NDL)
https://www.ndl.go.jp/jp/aboutus/evaluation/pdf/evaluation_frame_r2.pdf

関連:
活動実績評価(NDL)
https://www.ndl.go.jp/jp/aboutus/evaluation/index.html

参考:
国立国会図書館、新しい中期ビジョン「ユニバーサル・アクセス2020」を公表
Posted 2017年4月5日
https://current.ndl.go.jp/node/33793

E2263 - 吉永元信国立国会図書館新館長インタビュー
カレントアウェアネス-E No.391 2020.05.28
https://current.ndl.go.jp/e2263