OCLC、北米の研究図書館センター(CRL)と共に実施した冊子体雑誌の共同保存の促進等に関する2年間のプロジェクト“The Shared Print Data Infrastructure project”を完了

2020年8月13日、OCLCは、アンドリュー W.メロン財団の助成により、2018年7月1日から2020年6月30日まで北米の研究図書館センター(CRL)と共同して取り組んだプロジェクト“The Shared Print Data Infrastructure project”が完了したことを発表しました。

OCLCは2年間の共同プロジェクトを通して、WorldCatのデータベースへの冊子体雑誌所蔵の登録に対する支援の展開、共同管理中のデータの発見環境の改善、CRLが管理する冊子体雑誌の共同保存に関するデータベース“Print Archives Preservation Registry”(PAPR)の機能拡張などが達成されたことを報告しています。

同プロジェクトにおいて、OCLCとCRLは登録のワークフローの簡素化・機能強化のために協力し、WorldCatにわずかな手順で数千件の雑誌の所蔵を効率的に一括登録することなどが可能になりました。また、WorldCat上の雑誌の所蔵データが自動的にPAPRへ同期され、共同管理中データへの包括的なアクセスを提供するOCLCのメタデータAPIにより雑誌のデータを発見することも可能になっています。

OCLC and CRL enhance infrastructure to manage shared print serials in WorldCat(OCLC,2020/8/13)
https://www.oclc.org/en/news/releases/2020/20200813-oclc-crl-enhance-infrastructure-manage-shared-print.html

Shared print and the collective collection(OCLC)
https://www.oclc.org/en/shared-print.html

参考:
OCLC、WorldCatを用いた紙媒体資料の共同管理(シェアード・プリント)プログラムを発表
Posted 2013年1月23日
https://current.ndl.go.jp/node/22776

北米の研究図書館センター(CRL)、冊子体雑誌の共同保存に関するデータベースPAPRの機能拡張を実施
Posted 2019年10月4日
https://current.ndl.go.jp/node/39181

国立大学図書館協会、「シェアード・プリントWG報告書」を公表
Posted 2020年6月12日
https://current.ndl.go.jp/node/41209

CA1819 - 北米における冊子体資料の共同管理の動向 / 村西明日香
カレントアウェアネス No.319 2014年3月20日
https://current.ndl.go.jp/ca1819