欧州研究図書館協会(LIBER)、研究機関の執行部とともに学術評価指標に関する課題に取り組む図書館関係者向けのレポートを公開

2020年6月20日、欧州研究図書館協会(LIBER)は、研究機関の執行部とともに学術評価指標に関する課題に取り組む図書館関係者向けのレポートとして、“Why Do Measures Fluctuate?:Metrics Report - Guidelines for Talking to Management”を公開したことを発表しました。

学術評価指標等の課題を扱うLIBERの“Innovative Metrics Working Group”によって、同レポートは作成されました。学術評価指標を議論する上で陥りやすい過ちや、「研究評価に関するサンフランシスコ宣言」(DORA)をはじめとした新しいアプローチに触れながら、LIBERのWGや各機関の経験に基づく学術評価指標の不安定さ背景の説明の一助となる提言を提供するなどして、各機関の執行部と図書館関係者の議論を促進することを作成の目的としています。

レポートはリポジトリzenodoで公開されています。

Why Do Measures Fluctuate? Metrics Report – Guidelines for Talking to Management(LIBER,2020/6/20)
https://libereurope.eu/blog/2020/06/20/why-do-measures-fluctuate-metrics-report-guidelines-for-talking-to-management/

Why Do Measures Fluctuate? Metrics Report - Guidelines for Talking to Management.(zenodo,2020/6/20)
https://doi.org/10.5281/zenodo.3902347

参考:
欧州研究図書館協会(LIBER)、研究図書館のための学術指標の提言をまとめた報告書を公開
Posted 2018年7月2日
https://current.ndl.go.jp/node/36259

欧州研究図書館協会(LIBER)、研究の開放性を測定する手法と責任ある研究評価指標に関するウェビナーの映像・スライドを公開
Posted 2019年9月20日
https://current.ndl.go.jp/node/39077

研究評価に関するサンフランシスコ宣言(DORA)の日本語訳が公開される
Posted 2019年7月8日
https://current.ndl.go.jp/node/38531

英HEFCE、研究評価における評価指標の役割に関するレポートを公開
Posted 2015年7月14日
https://current.ndl.go.jp/node/41361