PLoS、雑誌投稿料を値上げへ

「著者支払い型」モデルでオープンアクセス(OA)の雑誌を刊行しているPLoS(Public Library of Science;CA1433E046参照)は、7月から投稿料が値上げされ、1,500ドルから2,500ドルになるのことです。6/20日のnews@nature.comの記事が伝えています。

値上げの理由として、PLoSは出版コストを厳密に反映させたもの、としていますが、nature.comの記事では公開されている財務諸表から、PLoSは約1億ドル(約114億円)の損失を抱え、著者からの投稿料と広告収入でトータルコストの35パーセントしかまかなえていない、と指摘しています。

PLoS,来月から著者支払額を値上げ
http://www.openaccessjapan.com/archives/2006/06/plos_1.html

Why raise prices and why do it now?(投稿料値上げに関するPLoS社の説明)
http://www.plos.org/about/faq.html#pubfees

Open-access journal hits rocky times
http://www.nature.com/news/2006/060619/full/441914a.html

PLos financials
http://declanbutler.info/blog/?p=43

PLoS finances and self-archiving
http://www.earlham.edu/~peters/fos/2006_06_18_fosblogarchive.html#115092288182509747

Public Library of Science(PLoS)の試み
http://www.dap.ndl.go.jp/ca/modules/ca/item.php?itemid=859

最良の学術雑誌ビジネスモデル <文献紹介>
http://www.dap.ndl.go.jp/ca/modules/cae/item.php?itemid=243

PLoS,新出版モデルによる学術雑誌の刊行を発表
http://www.dap.ndl.go.jp/ca/modules/cae/item.php?itemid=052