公益財団法人冷泉家時雨亭文庫、台風被害を受けた江戸時代の資料を収めるプレハブ倉庫に代わる土蔵建設のためのクラウドファンディングを実施中

2020年6月9日、公益財団法人冷泉家時雨亭文庫が、台風被害を受けた江戸時代の資料を収めるプレハブ倉庫に代わる土蔵建設のためのクラウドファンディング「800年にわたる和歌の家・冷泉家に文化財を保存する土蔵を造りたい」を実施しています。

藤原定家の子孫である冷泉家伝来の典籍および古文書類の保存及び活用を図る事等を目的に設立された公益財団法人冷泉家時雨亭文庫では、計8棟の蔵のうち3棟が崩れたためにプレハブ倉庫を3棟設け保管してきたところ、2018年の台風で屋根が飛び、江戸時代の膨大な資料が一時雨ざらしの状態となりました。

現在は他の蔵に収納したり、他に分散して預けたりしている状況で、今回、資料保存のため、京都御所や同志社大学といった周辺環境との調和や保存環境の観点からしっくい塗りの土壁の蔵を建設することとなり、クラウドファンディングで調達される資金は、約2億円の建設費のうち、蔵の中に設ける棚の整備のために用いられます。

このクラウドファンディングは、株式会社京都新聞社と株式会社電通で構成されるTHE KYOTO実行委員会によるプロジェクトで、目標金額は350万円ですが、6月10日時点で目標金額を達成しています。別途、蔵の建設費への寄附も募集されています。

公益財団法人冷泉家時雨亭文庫
http://reizeike.jp/
※「2020.06.04「800年にわたる和歌の家・冷泉家に文化財を保存する土蔵を造りたい」クラウドファンディングがまもなくスタートします」とあります。

「800年にわたる和歌の家・冷泉家に文化財を保存する土蔵を造りたい」クラウドファンディングがまもなくスタートします(冷泉家時雨亭文庫,2020/6/4)
https://reizeike.tumblr.com/post/619956779408916480/800%E5%B9%B4%E3%81%AB%E3%82%8F%E3%81%9F%E3%82%8B%E5%92%8C%E6%AD%8C%E3%81%AE%E5%AE%B6%E5%86%B7%E6%B3%89%E5%AE%B6%E3%81%AB%E6%96%87%E5%8C%96%E8%B2%A1%E3%82%92%E4%BF%9D%E5%AD%98%E3%81%99%E3%82%8B%E5%9C...

800年にわたる和歌の家・冷泉家に文化財を保存する土蔵を造りたい(THE KYOTO Crowdfunding)
https://the-kyoto.en-jine.com/projects/reizeike

北の大蔵・新設工事、ご寄付のお願い(冷泉家時雨亭文庫,2020/6/9)
https://reizeike.tumblr.com/post/620066726084804608/%E5%8C%97%E3%81%AE%E5%A4%A7%E8%94%B5%E6%96%B0%E8%A8%AD%E5%B7%A5%E4%BA%8B%E3%81%94%E5%AF%84%E4%BB%98%E3%81%AE%E3%81%8A%E9%A1%98%E3%81%84

参考:
CA1917 - クラウドファンディングによる図書館の資金調達 / 赤山みほ
カレントアウェアネス No.335 2018年3月20日
https://current.ndl.go.jp/ca1917