休校中の宮崎県立日向高等学校の学校図書館と産業支援施設ひむか-Biz(日向市)が連携し、新型コロナウイルス感染症の影響を受けている中小企業経営者・個人事業主の支援等を目的に、同館所蔵資料の貸出やレファレンスサービスを開始

宮崎県日向市の産業支援施設ひむか-Bizが、宮崎県立日向高等学校の学校図書館と連携し、2020年3月16日から、日向市しごと創生拠点において、中小企業及び一般向けに本の貸出を開始しています。

新型コロナウイルス感染症拡大防止のため公共図書館が閉館していることをうけ、同感染症の影響を受けている中小企業経営者・個人事業主の支援等を目的に実施するもので、地元紙の報道によると、休校中の同館資料の中から、ビジネス・マーケティング・SDGs関連の本や同センターがリクエストした本など合わせて100冊が用意されるとのことです。

貸出の手続きは「リブライズ」を使って行われます。

また、ひむか-Bizの利用者からのレファレンスも受け付けるとしています。

日向高校図書館×ひむか-Biz 本の貸出・レファレンス受けつけを開始!(ひむか-Biz, 2020/3/13)
https://himuka-biz.com/2020/03/13/501-2/

今、読むべき100冊 貸し出し方法について(ひむか-Biz, 2020/3/16)
https://himuka-biz.com/2020/03/16/505-2/

日向高校図書館が一般向け貸し出し コロナショックに立ち向かう経営者にエール(日向経済新聞, 2020/3/24)
https://hyuga.keizai.biz/headline/848/

参考:
E2003 - 学校図書館でのリブライズの活用と地域住民への開放の取組
カレントアウェアネス-E No.343 2018.03.08
https://current.ndl.go.jp/e2003