オープンアクセスリポジトリ連合(COAR)と米・SPARC、米・OSTPの研究データリポジトリの特性に関する情報提供依頼書(RFI)へ共同回答を提出

2020年3月3日、オープンアクセスリポジトリ連合(COAR)は、米国大統領府科学技術政策局(OSTP)の研究データリポジトリの特性に関する情報提供依頼書(RFI)について、米・SPARCと共同作成した回答を公開しました。

OSTPは2020年1月17日付で、政府助成研究による研究成果物のデータ管理と共有を行うデータリポジトリの望ましい特性に関する草案について、3月6日を期限としてパブリックコメントに付しており、COARとSPARCはこの草案のRFIへ2020年3月3日付で共同回答しています。両者は、リポジトリ上でのデータ管理に関するベストプラクティスを活用することとリポジトリに求める要件が複雑になりすぎないことの間でバランスをとることを意図して回答を作成した、としています。回答では草案に関する全般的なコメントとして以下の5点が示されています。

・草案で示された特性の多くを支持するが、ポリシーの目的(アクセス、公正性など)とその目的達成のための実践(メタデータ、ライセンスなど)とを区別するための再編成を提案すること、及びポリシーが望ましい特性を示しつつ中核的な重要な特性群を含めることができれば、長期的なリポジトリの実践の改善に資すること

・研究の国際化に対応するためにはデータの相互運用性が重要であり、可能な限り他の国や地域の要件に準拠すべきであること

・草案は全てのデータリポジトリが分野リポジトリ(domain repositry)であるという前提をとっているように見えるが、大学図書館等が運営する分野全般を扱ったリポジトリ(general repositry)の果たす役割も重要であるため両方のタイプのリポジトリに対応すべきであること

・アクセス権・再利用権・データ形式など、リポジトリではなくデータの作成者や提供が責任を負うべき特性がいくつか含まれていること

・データ管理の技術や標準は確実に変化が発生するためOSTPは定期的にこの特性を見直し・更新することが必要であり、更新スケジュールやプロセスに関する案内の提供が有用と思われること

その他、目的別に研究データのフレームワーク管理のためにリポジトリにとって重要な特性を示した表などが回答に含まれています。

What should be the essential baseline practices for repositories that manage research data?(COAR,2020/3/3)
https://www.coar-repositories.org/news-updates/coar-sparc-response-to-the-ostp-draft-desirable-characteristics-of-repositories-managing-data/

SPARC and COAR Submit Joint Response to White House RFI on Research Data Repositories(SPARC,2020/3/4)
https://sparcopen.org/news/2020/sparc-and-coar-submit-joint-response-to-white-house-rfi-on-research-data-repositories/

COAR / SPARC Response to the OSTP Draft Desirable Characteristics of Repositories Managing Data [PDF:7ページ](COAR,2020/3/3)
https://sparcopen.org/wp-content/uploads/2020/03/COAR_SPARC-Joint-Response.pdf

関連:
Request for Public Comment on Draft Desirable Characteristics of Repositories for Managing and Sharing Data Resulting From Federally Funded Research(Federal register,2020/1/17)
https://www.federalregister.gov/documents/2020/01/17/2020-00689/request-for-public-comment-on-draft-desirable-characteristics-of-repositories-for-managing-and

参考:
オープンアクセスリポジトリ連合(COAR)、2020年の作業計画として“COAR Strategy 2019-2021 and Work Plan 2020”を発表
Posted 2019年12月17日
https://current.ndl.go.jp/node/39765

E1888 - 信頼できるデータリポジトリの中核的な統一要件
カレントアウェアネス-E No.320 2017.02.23
https://current.ndl.go.jp/e1888