英語公用語化を含む法案、上院を通過(米国)

ALAが反対を表明した英語公用語化条項を含んだ「包括的移民改革法案」("the Comprehensive Immigration Reform Act of 2006": S.2611)が
2006年5月25日に上院を通過しました。
ですが下院が議決した移民法制改正案との内容的な隔たりが大きく、今夏一杯かけて法案の摺り合わせがおこなわれる模様です。

Competing Immigration Reform Packages
http://lawprofessors.typepad.com/law_librarian_blog/2006/06/competing_immig.html

Senate and House immigration bills
http://news.yahoo.com/s/ap/20060526/ap_on_go_co/immigration_glance
<米国>英語の公用語化論争が表面化 不法移民問題の争点に
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20060605-00000064-mai-int