国際図書館連盟(IFLA)、改正EU著作権指令の「アップロードフィルター条項」実施ガイドライン草案を広く共有することを求めた書簡に署名

2020年1月19日、国際図書館連盟(IFLA)は、欧州の40以上の市民社会組織とともに、2019年4月に成立した改正EU著作権指令「デジタル単一市場における著作権指令(the Directive on Copyright in the Digital Single Market)」で定められた「アップロードフィルター条項」実施ガイドライン草案を広く共有することを求めた書簡に署名したことを発表しました。

改正EU著作権指令の第17条では、著作権を侵害するコンテンツのアップロードを防ぐために、オンラインコンテンツ共有サービスのプロバイダが講じるべき措置に言及した「アップロードフィルター条項」が定められ、2021年6月までに加盟国は国内法化を完了する必要があります。しかし、第17条にはプラットフォームに対してユーザのアップロードした全てのコンテンツを監視する技術の利用を義務付けていると読み取れる条項と監視の義務は存在しないと宣言した条項が併存するなど、多くの矛盾した内容が指摘されています。IFLAは図書館分野からの唯一の代表として、EU加盟国の利害関係者間で行われている同条項への懸念に対処を目的とした、実施ガイドライン作成のための対話に積極的に参加しています。

共同書簡はこの対話の中で立ち現われたもので、インターネット利用者の権利に与える影響を考慮すると、対話の結果としての実施ガイドラインは最終版を単に提示するのではなく、ガイドライン草案に対してコメントできる環境が必要である、としています。共同書簡は欧州委員会に対してこの点への同意を訴えています。

IFLA Signs on to Letter Calling for Transparency over Guidelines on Upload Filter Provisions in Europe(IFLA,2020/1/19)
https://www.ifla.org/node/92798

Joint Letter on Transparency in Preparing Guidelines on Article 17 of the EU Copyright Directive(IFLA,2020/1/19)
https://www.ifla.org/publications/node/92799
https://www.ifla.org/files/assets/hq/topics/exceptions-limitations/documents/open-letter-copyrightsd-14012020.pdf
※二つ目のリンクはIFLAが署名した共同書簡です。[PDF:66KB]

参考:
国際図書館連盟(IFLA)、欧州研究図書館協会(LIBER)を含む89機関、欧州の著作権法改正案に関して、第11条および第13条の削除を求める公開書簡に署名
Posted 2019年2月1日
http://current.ndl.go.jp/node/37506

EU理事会(Council of the EU)、EU著作権指令改正案を承認
Posted 2019年4月24日
https://current.ndl.go.jp/node/38084

E851 - ネット上の著作権侵害行為の法的責任,プロバイダにも(NZ)
カレントアウェアネス-E No.138 2008.10.29
https://current.ndl.go.jp/e851