千葉大学学術リソースコレクションc-arcで「戦後日本デザインの軌跡 1953-2005:千葉からの挑戦」展の展示作品222点の画像が公開

2020年1月15日、千葉大学附属図書館は、2006年に千葉市美術館で開催された「戦後日本デザインの軌跡 1953-2005:千葉からの挑戦」展の展示作品のうち、222点の画像を千葉大学学術リソースコレクションc-arc上で公開したことを発表しました。

同展は、千葉大学工学部工業意匠学科(現 総合工学科デザインコース)出身者によるデザイン作品を一堂に会したものであり、作品画像はc-arc上に設けられたコレクション「千葉大学工学部工業意匠学科・デザイン工学科卒業生デザイン集」で公開されています。

2007年3月から千葉大学学術成果リポジトリ CURATORにおいても公開されていましたが、今回、IIIF対応画像として新たに公開されました。このことにより、各作品をより精細に見やすくなったこと、また、デザイン作品集がIIIF準拠画像で公開されたのは国内初であること等が紹介されています。

IIIF画像で『戦後日本デザインの軌跡 1953-2005:千葉からの挑戦』展の展示作品を公開しました(千葉大学附属図書館, 2020/1/15)
https://www.ll.chiba-u.jp/topics/2019/topics_20200115_curator.html

千葉大学工学部工業意匠学科・デザイン工学科卒業生デザイン集(c-arc)
https://iiif.ll.chiba-u.jp/main/IDCU.shtml

参考:
E2082 - 千葉大学学術リソースコレクションc-arcの公開
カレントアウェアネス-E No.359 2018.12.06
https://current.ndl.go.jp/e2082