米国自然史博物館(AMNH)、設立150年を記念して3年間の同館所蔵資料のアクセス拡大事業を実施

2020年1月6日、米国自然史博物館(AMNH)は、設立150年を記念して、3年間のプログラムによる同館の所蔵する膨大な資料の公衆・研究者へのアクセス拡大事業を実施することを発表しました。

同事業はAMNHの研究図書館によって取り組まれます。設立から100年の記録となる中心的なアーカイブ資料へのアクセス拡大、デジタル化された文献・画像・動画等のデジタル資産を管理する包括的なシステムの製作、AMNHの歴史的な記念品コレクションの再編成などを実施する、としています。

AMNHは、同事業の対象となる代表的な資料として、探検家ロイ・チャップマン・アンドリュースのモンゴル渡航時のパスポート、化学者マリ・キュリーのAMNH訪問のための計画ノートなどがあることを紹介しています。

Museum Research Library Launches Major Archival Initiative(AMHN,2020/1/6)
https://www.amnh.org/explore/news-blogs/news-posts/research-library-archival-initiative

参考:
米国自然史博物館、7,000点のデジタル資料を提供する"Digital Special Collections"を公開
Posted 2014年4月28日
https://current.ndl.go.jp/node/26028

米国自然史博物館がチャールズ・ダーウィンの手稿資料プロジェクトサイトを公開 デジタル化資料等を提供するデータベースも
Posted 2012年2月13日
https://current.ndl.go.jp/node/20152

米国自然史博物館の120年あまりの研究成果がウェブで無料で利用可能に
Posted 2007年11月2日
https://current.ndl.go.jp/node/6782