Taylor & Francisグループ、F1000 Researchを買収

2020年1月10日、Taylor & Francisグループは、オープンアクセス出版プラットフォームを提供するF1000 Researchを買収したことを発表しました。

Taylor & FrancisグループのChief ExecutiveであるAnnie Callanan氏は今回の買収に関し、オープンリサーチ及びより広範な出版サービスにおける同グループの能力を顕著に強化・拡張するものであり、また、現状に挑戦し革新を行う文化をもたらすものであると評価しています。

プレスリリースでは、以下のような点等にも言及しています。

・F1000 ResearchがTaylor & Francisグループのオープンリサーチサービス及びPlan S準拠のプラットフォームにおける重要な構成要素となること
・今回の買収が、Taylor & FrancisグループのインプリントであるRoutledgeやTaylor & Francisと提携している人文科学・サイエンスコミュニティを、F1000 Researchのサービスと結び付ける機会をもたらすものであること
・F1000Prime、F1000Workspaceは今回の買収には含まれないこと

F1000 Research joins Taylor & Francis Group(Taylor & Francis Group, 2020/1/10)
https://newsroom.taylorandfrancisgroup.com/f1000-research-joins-taylor-francis/

F1000Research flies the nest(F1000Research blog, 2020/1/10)
https://blog.f1000.com/2020/01/10/f1000research-flies-the-nest/

参考:
“F1000 Research”がPorticoによる電子ジャーナル保存サービスの対象に
Posted 2016年1月4日
https://current.ndl.go.jp/node/30348

従来の学術雑誌の枠を超える、生物医学分野のオープンアクセス出版プログラム“F1000 Research”
Posted 2012年2月2日
http://current.ndl.go.jp/node/20075

E2095 - 第2回 SPARC Japanセミナー2018<報告>
カレントアウェアネス-E No.361 2019.01.17
https://current.ndl.go.jp/e2095

SPARC Japan NewsLetter 第37号が公開:第2回SPARC Japanセミナー2018「オープンサイエンス時代のクオリティコントロールを見通す」の報告を掲載
Posted 2020年1月10日
https://current.ndl.go.jp/node/39929