米・ジョンズホプキンス大学、19世紀に執筆され現代の同性愛者の権利運動の土台を作った希少本“A Problem in Greek Ethics”の新たな一部を発見し図書館蔵書として受入

米国メリーランド州のジョンズホプキンス大学のニュースセンター“Hub”に2019年12月6日付で、19世紀に詩人のジョン・アディントン・シモンズにより執筆され、現代の同性愛者の権利運動の土台を作ったとされる希少本“A Problem in Greek Ethics”の第6部目となる新たな一部が、同大学Sheridan図書館のキュレーターであるGabrielle Dean氏によって確保されたことを紹介する記事が投稿されています。

1873年に執筆された“A Problem in Greek Ethics”は、1883年にシモンズが個人的に10部だけ印刷したとされており、現存するコピーはそのうちの5部のみである、と考えられていました。記事では、Dean氏が展示の準備のためインターネット上でシモンズの筆跡に関する検索を行っていたところ、偶然貴重書書店が販売しているレターセットの画像の中に新たに発見された6部目のコピーが含まれていた、と発見の経緯を説明しています。

ジョンズホプキンス大学の図書館は1800年代からシモンズの作品を受入し続けており、新たに発見された6部目のコピーも図書館の特別コレクションに加えられます。また、Sheridan図書館を構成するミルトン・S・アイゼンハワー図書館で2020年3月まで開催されている、シモンズの書斎を復元した企画"Queer Connections: The Library of John Addington Symonds"でこのコピーが展示されています。

Rare copy of 19th-century essay lands at Johns Hopkins(Hub,2019/12/6)
https://hub.jhu.edu/2019/12/05/john-addington-symonds-greek-ethics-rare-book/

参考:
米国ジョンズホプキンス大学のSheridan図書館等、近世の欧州の読書行動調査プロジェクトでアンドリュー・メロン財団から助成金を獲得
Posted 2014年7月14日
https://current.ndl.go.jp/node/26573