国際連合(UN)ダグ・ハマーショルド図書館と米・SPARCの主催による「第1回国連オープンサイエンス会議」の発表資料・動画・写真が公開される

国際連合(UN)ダグ・ハマーショルド図書館と米・SPARCの主催により、2019年11月19日に米・ニューヨークの国際連合本部で開催された「第1回国連オープンサイエンス会議」の発表資料・動画・写真が、国連ダグ・ハマーショルド図書館のウェブサイトで公開されています。

第1回国連オープンサイエンス会議は、「グローバルなオープンサイエンスに向けて:国連2030アジェンダを実現させる鍵(Towards Global Open Science: Core Enabler of the UN 2030 Agenda)」をコンセプトに開催されました。オープンサイエンスとオープンリサーチに関する議論をグローバルなレベルに高め、国連「持続可能な開発のための2030アジェンダ」の前進に果たすオープンサイエンスの役割の検討が目的である、としています。会議では「政策立案者」「オープンサイエンスと図書館インフラ」「オープンサイエンスのイニシアチブ」「キャリア初期の研究者・学生らによる“OpenCon”」の4つのパネルからのプレゼンテーション等が行われ、世界各地のオープンサイエンスイニシアチブの代表・キャリア初期の研究者・図書館長・政策立案者等が参加しました。

日本からは内閣府「国際的動向を踏まえたオープンサイエンスの推進に関する検討会」の座長である引原隆士教授(京都大学)により、「政策立案者」のパネルで“Japan’s Open Science Policy”と題されたプレゼンテーションが行われました。同氏のプレゼンテーションでは、日本のオープンサイエンスに関する政策として、第5期科学技術基本計画・統合イノベーション戦略2019・研究データ基盤整備と国際展開ワーキンググループの活動・2020年度にサービス開始を予定している「NII研究データ基盤」構想等が紹介されています。

Open Science Conference 2019(Dag Hammarskjöld Library)
http://research.un.org/conferences/OpenScienceUN

Slides, Photos, and Video(Dag Hammarskjöld Library)
http://research.un.org/conferences/media
※会議の動画・発表資料へのリンクと写真のスライドショーが掲載されています

参考:
E1763 - 国連2030アジェンダと図書館:IFLAのツールキット
カレントアウェアネス-E No.297 2016.02.04
https://current.ndl.go.jp/e1763

E1948 - OpenCon,多様で公平な会議のための報告書を公開
カレントアウェアネス-E No.332 2017.09.07
https://current.ndl.go.jp/e1948

E2155 - Japan Open Science Summit 2019<報告>
カレントアウェアネス-E No.372 2019.07.11
https://current.ndl.go.jp/e2155

E1925 - オープンサイエンス基盤研究センターの新設について
カレントアウェアネス-E No.327 2017.06.22
https://current.ndl.go.jp/e1925

内閣府、「統合イノベーション戦略2019」を公表
Posted 2019年6月27日
https://current.ndl.go.jp/node/38469