米国図書館協会(ALA)、学校図書館員を養成する修士課程の基準“ALA/AASL Standards for Initial Preparation of School Librarians”の教育者準備認定評議会(CAEP)による承認を発表

2019年11月11日、米国図書館協会(ALA)は、米国学校図書館員協会(AASL)によって策定された“ALA/AASL Standards for Initial Preparation of School Librarians”が、今年8月に、教育者準備認定評議会(CAEP)の専門職団体標準委員会(Specialized Professional Associations Standards committee)から承認されたと発表しています。

“ALA/AASL Standards for Initial Preparation of School Librarians”は、学校図書館員を養成する修士課程の基準で、同基準に基づいた修士課程を提供する機関のみが学校図書館員の養成機関として認められます。

新しい学校図書館基準である『学習者、学校図書館員、学校図書館のための全国学校図書館基準』(National School Library Standards for Learners, School Librarians and School Libraries)に則って策定されています。

承認されたことにより、2年間の移行期間が開始され、2010年版か2019年版かを選択できます。

School Librarian Preparation Standards approved by the Council for the Accreditation of Educator Preparation(ALA, 2019/11/11)
http://www.ala.org/news/member-news/2019/11/school-librarian-preparation-standards-approved-council-accreditation-educator

ALA and AASL: Assuring Quality in School Librarianship Education Programs(AASL)
http://www.ala.org/aasl/about/ed/caep

2019 ALA/AASL Standards for Initial Preparation of School Librarians [PDF:75ページ]
http://www.ala.org/aasl/sites/ala.org.aasl/files/content/aasleducation/ALA_AASL_CAEP_School_Librarian_Preparation_Standard_%202019_Final.pdf

参考:
井上靖代「司書養成・研修・採用」図書館研究シリーズNo.40『米国の図書館事情2007-2006年』
https://current.ndl.go.jp/node/14432

E2006 - 米国学校図書館員協会による新学校図書館基準<文献紹介>
カレントアウェアネス-E No.343 2018.03.08
https://current.ndl.go.jp/e2006

E2193 - 子どものための図書館サービス専門職養成の国際動向<報告>
カレントアウェアネス-E No.379 2019.11.07
https://current.ndl.go.jp/e2193