IFLAソウル大会におけるOA関連の発表

8月20日〜24日に開催されるIFLAの世界図書館情報会議(World Library and Information Congress)においてオープンアクセスに関する以下の発表が行われる予定です。発表要旨も既に公開されています。

・オープンアクセスの学術データベース
Peter Jacso. Open Access Scholarly Databases - a bird's eye view of the landscape

・韓国の調査・研究におけるオープンアクセスの動き
Hyekyong Hwang and Heeyoon Choi. The Open Access movement in the Korean R&D environment

・"dCollection":韓国の大学ネットワークによるリポジトリ
Hong Seok Park and Guem Yeon Jang. "dCollection": The National Network of University-Based Repository in Korea

・オープンアクセスと機関リポジトリ−発展途上国の視点:インドの事例
S.B. Ghosh and Anup Kumar Das. Open Access and institutional repositories - a developing country perspective: a case study of India

・オープンアクセスの哲学、方針、実践:比較研究
Xuemao Wang, Chang Su, and Wei Liu. Open Access-Philosophy, Policy and Practice: a Comparative Study

・中国における3つのリプリントシステムの比較
Yi Liu and Yi Gao. Comparing three Chinese reprint systems

関連記事はこちら
http://www.earlham.edu/~peters/fos/2006_05_14_fosblogarchive.html#114778553908792658