文化庁、平成30年度「国語に関する世論調査」の結果を公表:読書状況についても調査

2019年10月29日、文化庁が、平成30年度「国語に関する世論調査」の結果を公表しました。

2019年2月から3月にかけ、全国16歳以上の男女3,590人(有効回収数は1,960人)を対象に、一般社団法人中央調査社に委託して行われた調査であり、

・国語や言葉への関心
・表記等1 ―用語など―
・表記等2 ―文体・構成―
・読書について
・六つの表現の認知と使用,慣用句等の意味・言い方

の項目ごとに結果がまとめられています。そのうち、「読書について」では次のような内容等が紹介されています。

・「1 か月に大体何冊くらい本を読むか」という設問に対し、47.3%が1か月に1冊も本を「読まない」と回答したこと
・「読書量は、以前に比べて減っているか、それとも、増えているか」という設問に対し、「読書量は減っている」と 67.3%が回答したこと
・「自分の読書量を増やしたいと思うか」という設問に対し、「そう思う」「ややそう思う」を合わせた「そう思う(計)」(60.4%)が平成 25 年度調査から6ポイント減少していること
・「ふだん、電子書籍を利用しているか」という設問に対し、「よく利用する」「たまに利用する」を合わせた「利用する(計)」(25.2%)が平成 25 年度調査から8ポイント増加していること

報道発表(文化庁)
http://www.bunka.go.jp/koho_hodo_oshirase/hodohappyo/index.html
※2019年10月29日付けの報道発表に「平成30年度「国語に関する世論調査」の結果」とあります。

平成30年度「国語に関する世論調査」の結果について(文化庁)
http://www.bunka.go.jp/koho_hodo_oshirase/hodohappyo/1422163.html

平成30年度「国語に関する世論調査」の結果の概要 [557.9KB]
http://www.bunka.go.jp/koho_hodo_oshirase/hodohappyo/__icsFiles/afieldfile/2019/10/24/a1422163_02_1.pdf

参考:
文化庁、平成27年度「国語に関する世論調査」の結果を公表:情報化の中でのコミュニケーションについても調査
Posted 2016年9月23日
https://current.ndl.go.jp/node/32590

ことば食堂へようこそ!:文化庁が「国語に関する世論調査」を基にした動画を公開
Posted 2014年4月18日
https://current.ndl.go.jp/node/25962

E2171 - 子どもの電子メディアの利用実態と読書との関係
カレントアウェアネス-E No.375 2019.08.29
https://current.ndl.go.jp/e2171