ジャパンリンクセンター(JaLC)、保有するメタデータのオープン化計画を発表

2019年10月1日、ジャパンリンクセンター(JaLC)運営委員会は、メタデータのオープン化に伴い「ジャパンリンクセンター参加規約」および「ジャパンリンクセンター運営規則」を変更することを発表しました。

公開された資料「メタデータのオープン化に伴う JaLC 参加規約および運営規則の改正について」では、JaLCの保有するメタデータのオープン化計画が説明されており、次のような内容等が述べられています。

・これまでは利用できるメタデータの範囲に制限が設けられていたものの、今後JaLC 正会員が JaLC システムに登録する全てのメタデータをオープン化すること
・オープン化するメタデータには、書誌データ、URI、引用情報(引用文献や引用データ等の引用に関する情報)、抄録が含まれること
・現時点では2020年4月から段階的にオープン化を実施する予定であること

お知らせ(JaLC)
https://japanlinkcenter.org/top/news/index.html
※2019年10月1日付けのお知らせとして、「メタデータのオープン化に伴い「ジャパンリンクセンター参加規約」および「ジャパンリンクセンター運営規則」を変更いたします。 詳しくはポリシーをご覧下さい」とあります。

ポリシー(JaLC)
https://japanlinkcenter.org/top/about/about_policy.html
※項目「メタデータのオープン化」に2019 年 10 月 1 日付けの資料「メタデータのオープン化に伴う JaLC 参加規約および運営規則の改正について」等が公開されています。

メタデータのオープン化に伴う JaLC 参加規約および運営規則の改正について [PDF:4ページ]
https://japanlinkcenter.org/top/doc/JaLC_description.pdf

参考:
ジャパンリンクセンター(JaLC)、「ジャパンリンクセンター ストラテジー 2017-2022を実現するためのロードマップ」を公開
Posted 2019年5月31日
https://current.ndl.go.jp/node/38268

ジャパンリンクセンター(JaLC)、「JaLCメタデータ」の提供を開始
Posted 2017年3月1日
https://current.ndl.go.jp/node/33576

E2160 - オープン・サイテーションと機関リポジトリの展開<報告>
カレントアウェアネス-E No.373 2019.07.25
https://current.ndl.go.jp/e2160