「第5回図書館レファレンス大賞」の最終審査候補3事例及び奨励賞が発表される

2019年11月12日に第21回図書館総合展のフォーラム内で最終審査が行われる、「第5回図書館レファレンス大賞」の最終審査候補に選ばれた3事例が発表されています。

「図書館レファレンス大賞」は昨年までの「地方創生レファレンス大賞」の要項に大改訂を加えて今年から開催されるもので、募集内容を「何らかの成果に結びついたレファレンスサービス実施事例」だけでなく、「レファレンスサービス利用を促進する取り組み事例」にも拡大するともに、「ビジネス支援」のレファレンスだけでなく、レファレンスサービス全体に対象を拡大(公共図書館だけでなく全館種が応募可能)したものです。

締切までにあった22件の応募から選ばれた最終審査候補は以下の3事例です。

・田原市図書館(愛知県)
「まちづくりにつながる行政・議会支援サービス」

・近畿大学中央図書館
「すべてのカウンターにレファレンスを! -年間登録件数1万2千件 レファレンス統計システムの活用-」

・九州大学附属図書館
「Web学習ガイド「Cute.Guides」による課題解決支援」

また、奨励賞として以下の5件が発表されています。

・宮崎県立日向高等学校図書館
「「聞いてください」「お願いできますか」から広がる学校図書館へ」

・基山町立図書館
「きやまRESAS(リーサス)デジタルアカデミー」

・ししょまろはん
「オープンデータ「京都レファレンスマップ」」

・チーム・シラベル
「「シラベルワークショップ実施セット」でレファレンススキルを向上!」

・名古屋市鶴舞中央図書館
「地域の歴史を調べる公開調査「鶴舞公園に龍がいた?!」」

第5回図書館レファレンス大賞 最終審査・授賞発表(図書館総合展)
https://www.libraryfair.jp/forum/2019/8418

【募集】令和元年度「第5回図書館レファレンス大賞」(図書館総合展,2019/6/18)
https://www.libraryfair.jp/news/8325

参考:
CA1918 - 「地方創生レファレンス大賞」3年間の歩み / 糸賀雅児
カレントアウェアネス No.335 2018年3月20日
https://current.ndl.go.jp/ca1918

2018年度の「地方創生レファレンス大賞」の各賞が発表される
Posted 2018年10月31日
https://current.ndl.go.jp/node/36948

田原市中央図書館(愛知県)において「図書館で議員と語ろうホリデー」が開催
Posted 2019年7月22日
https://current.ndl.go.jp/node/38632

九州大学附属図書館、学習ガイド“Cute.Guides”152件をレファレンス協同データベースの「調べ方マニュアル」に一括登録
Posted 2019年7月10日
https://current.ndl.go.jp/node/38542

地域に関するビッグデータを提供する、地域経済分析システム“RESAS”の提供開始
Posted 2015年4月21日
http://current.ndl.go.jp/node/28357

ししょまろはん、『図書館員が調べた京都のギモン~京都レファレンスマップ~』を公開
Posted 2014年6月25日
https://current.ndl.go.jp/node/26431

E2092 - 名古屋なんでも調査団「鶴舞公園に龍がいた?!」実施報告
カレントアウェアネス-E No.361 2019.01.17
https://current.ndl.go.jp/e2092

※最終審査が行われる日付を「2019年11月12日」に修正しました(2019/10/23)