【イベント】第28回京都図書館大会「災害等の諸課題に立ち向かう図書館」(12/2・福知山)

2019年12月2日、京都府福知山市の市民交流プラザふくちやまにおいて、第28回京都図書館大会「災害等の諸課題に立ち向かう図書館」が開催されます。

豪雨や台風、地震等の災害が発生する中で、図書館ができる災害への対応・対策のほか、それに関連する諸課題について考える内容となっています。

プログラムは次のとおりです。

・基調講演「災害と図書館」
井口和起氏(福知山公立大学学長、京都府立京都学・歴彩館顧問)

・講演「図書館とユニバーサルデザイン -多様化するニーズにどう向き合うか-」
関根千佳氏(同志社大学客員教授)

・事例発表1「災害を自分ごとにする 図書館でできる震災対策」
鈴木光氏(一般社団法人減災ラボ代表理事、総務省消防庁防災図上訓練指導員、工学院大学客員研究員)

・事例発表2 「『やさしいまち明石』の図書館が目指すユニバーサルサービス ―そして災害の時に―」
松見香織氏(あかし市民図書館 読書バリアフリー担当マネージャー)

参加費は無料ですが、事前の申し込みが必要です。

第28回京都図書館大会【令和元年12月2日開催】(京都府立図書館)
https://www.library.pref.kyoto.jp/?page_id=19968

チラシ [PDF:2ページ]
https://www.library.pref.kyoto.jp/wp/wp-content/uploads/2019/10/28flyer.pdf

参考:
E1966 - 震災と図書館:中止となった第26回京都図書館大会の発表から
カレントアウェアネス-E No.336 2017.11.02
https://current.ndl.go.jp/e1966

E2061 - 第27回京都図書館大会<報告>
カレントアウェアネス-E No.355 2018.10.04
https://current.ndl.go.jp/e2061

E2091 - あらゆる人が集う場所に:英・公共図書館建築の優良事例から
カレントアウェアネス-E No.360 2018.12.20
https://current.ndl.go.jp/e2091

平成30年7月豪雨で被害を受けた福知山市立図書館大江分館(京都府)、臨時図書館を開設
Posted 2018年9月6日
https://current.ndl.go.jp/node/36607