Taylor & Francis社、オンライン上のハラスメントに研究者が対処するためのガイドを公開

2019年10月3日、Taylor & Francis社は、オンライン上のハラスメントに研究者が対処するためのガイドとして、“Advice for researchers experiencing harassment”を公開したことを発表しました。

このガイドは、科学ニュースの普及に関する英国の慈善団体Science Media CentreとTaylor & Francis社が共同作成したものです。研究者は自身の業績が広く精査されることを期待すべきですが、論争を呼ぶテーマに取り組む研究者は、ソーシャルメディア上での嫌がらせやオンラインフォーラムでの悪意のあるコメントの投稿といった、オンライン上のハラスメントに巻き込まれることがあります。

公開されたガイドは、こうしたハラスメントに巻き込まれた際の対処方法を簡潔に示したものです。沈黙せずにメディアを通して自身の意見を伝えること、公正に意見を聞く姿勢を持つ集団に対してコミュニケーションをとろうとすること、ソーシャルメディアの状況の把握の方法、といった対処のコツが示されています。

New guide offers support and advice to researchers experiencing online harassment(Taylor & Francis,2019/10/3)
https://newsroom.taylorandfrancisgroup.com/new-guide-offers-support-and-advice-to-researchers-experiencing-online-harassment/

Tips for dealing with online harassment in academia(Author Services Supporting Taylor & Francis)
https://authorservices.taylorandfrancis.com/tips-for-dealing-with-online-harassment-in-academia/

Advice for researchers experiencing harassment [PDF:8ページ](Taylor & Francis)
https://www.sciencemediacentre.org/wp-content/uploads/2019/10/Advice-for-Researchers-Experiencing-Harrasment-2019.pdf

参考:
CA1039 - インターネットと言論の自由 / 市川牧
カレントアウェアネス No.196 1995年12月20日
https://current.ndl.go.jp/ca1039

文部科学省、学校・教員向けの「ネット上のいじめ」に関する対応マニュアル・事例集を作成
Posted 2008年11月26日
https://current.ndl.go.jp/node/9508

オーストラリア、キャンベラの図書館で、ネットいじめを告発できる新しいウェブサイトの試行版が公開される
Posted 2015年12月8日
https://current.ndl.go.jp/node/30166