韓国・京畿道の高陽市図書館センターと高麗大学校、メイカースペースの共有等を含む業務協約を締結:高陽市の小規模個人事業者による高麗大学校のメイカースペース利用が可能に

2019年9月5日、韓国・京畿道の高陽市図書館センターと高麗大学校が業務協約を締結し、その一環として、同大学のメイカースペースを共有することが発表されています。

4月に締結した、高陽市図書館センターと同市の小規模の個人事業者団体間の「メイカースペース 小規模個人事業者教育・コンサルティング支援業務協約」を発展させたもので、今後、高陽市の小規模個人事業者は、高麗大学校のメイカースペースに備えられている高性能の機器を活用して高品質な試作品を作成するとともに、経営コンサルティングを受けることができるようになります。

また、高陽市大化図書館では、メイカースペースの利用教育を実施するとともに、今後も、様々な機関と業務協約を締結し、地域の企業や小規模個人事業者に対して多様な創造的なプログラムを提供し、地域内の未来を導く人材の養成や、創造生態系の活性化に寄与すると述べています。

고양시 대화도서관, ‘고려대’와 메이커스페이스 인프라 공유(高陽市大化図書館、「高麗大」とメイカースペースインフラ共有)(高陽市ニュースポータル,2019/9/18)
http://www.goyang.go.kr/news/user/bbs/BD_selectBbs.do?q_bbsCode=1090&q_bbscttSn=20190918141003292&q_estnColumn1=All#

参考:
韓国・文化体育観光部、公共図書館にメイカースペースを設置する試験運営事業を実施中:他の公共図書館での活用を目的に運用事例集を作成・配布
Posted 2018年10月30日
https://current.ndl.go.jp/node/36935

E2164 - 県立長野図書館「信州・学び創造ラボ」の整備と現状
カレントアウェアネス-E No.374 2019.08.08
https://current.ndl.go.jp/e2164