愛知県教育委員会、高等学校卒業程度認定試験合格に向けた学習支援等を実施する「若者・外国人未来応援事業」を2019年度も実施:愛知県図書館等が会場

2019年7月4日、愛知県教育委員会が、高等学校卒業程度認定試験合格に向けた学習支援等を実施する「若者・外国人未来応援事業」を2019年度も実施すると発表しています。

高卒資格を取得していないことで、就職やキャリアアップにおいて不利となり、将来的な貧困の連鎖を生む要因ともなっていることから、高校中退者等を対象に高卒認定試験合格のための学習支援及び相談・助言を行うことを目的とした無料の事業(文部科学省委託)です。

また、学習に困難を抱える若者は、他の社会的困難を抱えていることも多いことから、福祉・保健・労働・多文化共生等の関係機関等との支援ネットワークの構築を目指して2017年度に設置した「若者未来応援協議会」において、対象者のニーズに応じた適切な支援先への誘導を行なうとしています。

名古屋・豊田・豊橋・春日井・知多の5地域で実施され、名古屋地区では、愛知県図書館を会場に、委託を受けたNPO法人あいち・子どもNPOセンターが高卒認定試験合格等に向けた学習支援及び相談・助言を行います。

同事業は2017年度から実施されており、2018年度から愛知県図書館も会場となりました。

2019年度「若者・外国人未来応援事業」を実施します。(愛知県,2019/7/4)
https://www.pref.aichi.jp/soshiki/syogaigakushu/10401042tt.html

平成30年度「若者・外国人未来応援事業」を実施しました。(愛知県,2019/4/1)
https://www.pref.aichi.jp/soshiki/syogaigakushu/10401041tt.html
※「本年度は、新たに愛知県図書館を会場に加え」とあります。

参考:
E1631 - 米国の公共図書館における高等学校の卒業資格取得プログラム
カレントアウェアネス-E No.271 2014.11.27
http://current.ndl.go.jp/e1631