第18回文化資源学フォーラム「コレクションを手放す―譲渡・売却・廃棄」の報告書が公開される

東京大学大学院人文社会系研究科文化資源学研究専攻のウェブサイトにおいて、2019年2月17日に開催された第18回文化資源学フォーラム「コレクションを手放す―譲渡・売却・廃棄」の報告書が公開されていました。

同フォーラムの主なプログラムは以下のとおりでした。

・「「お別れ展示」による収蔵品の譲渡について」
杉本裕史氏(北栄町生涯学習課課長)
・「作品の公共性とアクセシビリティ」
成相肇氏(東京ステーションギャラリー学芸員)
・学生報告「譲渡・売却・廃棄を巡る問題の考察」
・パネルディスカッション
杉本裕史氏、成相肇氏、松田陽氏(東京大学大学院人文社会系研究科准教授)

文化資源学フォーラム(東京大学大学院人文社会系研究科文化資源学研究専攻)
http://www.l.u-tokyo.ac.jp/CR/forum/
※第18回(2019.2.17)「コレクションを手放す―譲渡・売却・廃棄」の箇所に、「報告書を作成しました。上記リンクよりダウンロードいただけます」とあります。

第18回文化資源学フォーラム「コレクションを手放す―譲渡・売却・廃棄」(東京大学大学院人文社会系研究科文化資源学研究専攻)
http://www.l.u-tokyo.ac.jp/CR/forum/forum18.html

第18回文化資源学フォーラム報告書 [PDF:87ページ]
http://www.l.u-tokyo.ac.jp/CR/pdf/forum18_report.pdf

参考:
E2138 - 文化資源学フォーラム「コレクションを手放す」<報告>
カレントアウェアネス-E No.369 2019.05.30
http://current.ndl.go.jp/e2138