熊本大学附属図書館、「熊本地震ライブラリ」タブロイド資料の利用提供を開始

2019年4月14日、熊本大学附属図書館が、「熊本地震ライブラリ」タブロイド資料の利用提供を開始したと発表しています。

同館で収集している、「平成28年熊本地震」に関連する資料「熊本地震ライブラリ」のうち、熊本県・熊本市の広報紙やフリーペーパー等タブロイド判サイズの資料の整理が終了したため、提供が開始されるものです。

OPACでは検索できないため、一覧表がPDFファイルで公開されています。

あわせて、2016年4月15日から2017年4月30日の朝日新聞・毎日新聞・読売新聞・産経新聞・西日本新聞・日本経済新聞・日刊工業新聞・The Japan Times・The New York Times International Weekly についても、利用を開始すると発表しています。

同資料は、一般利用者の立ち入りができない「中央館・北書庫」で保存されているため、利用の際は、事前に中央館カウンターに相談する必要があります。

また、同館ウェブサイトの「コレクション」ページ内に「熊本地震ライブラリ」のページを作成し、OPACで検索できない資料のPDFファイルのリストを公開しました。

図書館からのお知らせ(熊本大学附属図書館)
https://www.lib.kumamoto-u.ac.jp/news_list
※2019-04-14欄に「「熊本地震ライブラリ」タブロイド資料の利用を開始します」とあります。

「熊本地震ライブラリ」タブロイド資料の利用を開始します(熊本大学附属図書館)
https://www.lib.kumamoto-u.ac.jp/news/3350

熊本地震ライブラリ(熊本大学附属図書館)
https://www.lib.kumamoto-u.ac.jp/collections/kjl

参考:
熊本大学附属図書館、「熊本地震ライブラリ」ファイリング資料を公開
Posted 2018年4月16日
http://current.ndl.go.jp/node/35853

CA1920 - 熊本大学附属図書館「熊本地震ライブラリ」の取り組みについて / 柿原友紀,廣田 桂,米村達朗
カレントアウェアネス No.335 2018年3月20日
http://current.ndl.go.jp/ca1920