国立西洋美術館、RFIDで作品解説サービスを提供

国立西洋美術館が、東京大学・坂村健教授、池内克史教授、NHKアーカイブズなどと協同して、展示作品の文書・動画等による解説サービス「ウェル.com美術館ユビキタスネットワーク」を提供すると発表しました。作品の前にRFID、Bluetoothなどのアンテナを設置し、電波を拾った受信端末に情報を提供するというものです。

国立西洋美術館と坂村健氏が“ユビキタス美術館”を実験 - IT Pro
http://itpro.nikkeibp.co.jp/article/NEWS/20060411/235071/