ワールド・ワイド・ウェブ財団、2017年から2022年までの戦略計画“Digital Equality An Open Web For A More Equal World”を公開

2017年2月10日、ワールド・ワイド・ウェブ財団(World Wide Web Foundation)が、2017年から2022年までの戦略計画“Digital Equality An Open Web For A More Equal World”を公開しました。

ウェブを用いた平等な世界の実現を掲げており、計画では以下の3つの目標をあげています。

1)Power: All People Can Make Their Voices Heard Equally
人々のウェブ上の権利(表現の自由、プライバシーの保護など)が法的に保護されることや、オンラインコンテンツの多様性の推進

2)Accountability: Citizens Hold Governments and Companies to Account
重要な情報をオンラインで公開し、政府・企業に責任を持たせるため、これらデータを使うInterest Groupの設立

3)Opportunity: Women and Other Excluded Groups Gain Economic and Social Opportunities and Resources
無料のWi-Fiやデジタルスキルプログラムの拡大、デジタル金融サービスを通じた女性の金融包摂の支援

Delivering Digital Equality: The Web Foundation's 2017 – 2022 Strategy(World Wide Web Foundation,2017/2/10)
http://webfoundation.org/2017/02/delivering-digital-equality-the-web-foundations-2017-2022-strategy/

Digital Equality An Open Web For A More Equal World(World Wide Web Foundation)
http://webfoundation.org/docs/2017/02/WF_StrategySummaryFINAL.pdf

参考:
E1874 - デジタル包摂社会と公共図書館の課題(米国)<文献紹介>
カレントアウェアネス-E No.317 2016.12.22
http://current.ndl.go.jp/e1874

E1340 - 金融排除問題に対する公共図書館の役割は?
カレントアウェアネス-E No.223 2012.09.27
http://current.ndl.go.jp/e1340