国際公文書館会議(ICA)、アーカイブズにおける新しい記述標準の概念モデルのドラフトを公開、意見を募集

国際公文書館会議(ICA)のExpert Group on Archival Description(EGAD)が、アーカイブズにおける新しい記述標準の概念モデルRecords in Contexts-Conceptual Model(RiC-CM)のドラフトを公開して、意見を募集しています。

EGADは2012年以降、アーカイブズにおける新しい記述標準であるRecords in Contexts(RiC)の検討を進めてきました。2016年9月に開催された第18回ICAソウル大会ではその概要が発表されました。

このRiCは、概念モデルであるRiC-CMとオントロジーであるRiC-Oで構成されており、既存の次の4つの標準を統合することを意図しています。

・General International Standard Archival Description (ISAD(G))
・International Standard Archival Authority Records—Corporate Bodies, Persons, and Families (ISAAR(CPF))
・International Standard Description of Functions (ISDF)
・International Standard Description of Institutions with Archival Holdings (ISDIAH)

意見の募集期間は、当初2016年12月31日まででしたが、延長されて2017年1月31日までとなっています。

Deadline for comments on RiC-CM extended to January 31, 2017(ICA, 2016/12/21)
http://www.ica.org/en/deadline-comments-ric-cm-extended-january-31-2017

Call for comments extended: Release of Records in Contexts by EGAD(ICA)
http://www.ica.org/en/call-comments-extended-release-records-contexts-egad

Presentation of the standard "Records in Context", Thursday 8 September, 15:00(ICA)
http://www.ica.org/en/presentation-standard-records-context-thursday-8-september-1500

Records in Contexts - Conceptual Model(ICA, 2016/8/29)
http://www.ica.org/en/egad-ric-conceptual-model

Records in Context Conceptual Model(PDF: 2.07MB)
http://www.ica.org/sites/default/files/RiC-CM-0.1.pdf

関連:
Expert Group on Archival Description - EGAD(ICA)
http://www.ica.org/en/node/13580

渡辺悦子. アーカイブズ所蔵機関情報の記述に関する国際標準(ISDIAH)とその周辺. 北の丸. 2016, (48), p. 35-70.
http://www.archives.go.jp/publication/kita/pdf/kita48_p035.pdf

参考:
国立公文書館、第18回国際公文書館会議ソウル大会の報告をウェブサイトで公開
Posted 2016年10月31日
http://current.ndl.go.jp/node/32841

国立公文書館、「ICAソウル大会記念シンポジウム」の開催報告を同館ウェブサイトで公開
Posted 2016年11月15日
http://current.ndl.go.jp/node/32933