国際図書館連盟、デジタル時代における政府の法律情報提供に関して声明を発表

2016年12月14日、国際図書館連盟(IFLA)が、声明“IFLA Statement on Government Provision of Public Legal Information in the Digital Age”を発表しました。

政府がオンラインでデジタル形式でのみ法律情報を提供するようになるなか、法律情報は市民への影響が大きいことから、政府に対して、それらを参照している第三者の基準を含めた法律情報への無料で平等なアクセスの保障、効果的な保存戦略の設計・策定、現行法かを確かめることが出来る技術的な認証ツールの実装を求める内容となっています。

Access to Public Legal Information at Risk without Government Action: New IFLA Statement(IFLA,2016/12/14)
http://www.ifla.org/node/11063

IFLA Statement on Government Provision of Public Legal Information in the Digital Age(IFLA)
http://www.ifla.org/files/assets/clm/statements/ifla_statement_on_public_legal_information.pdf

IFLA Statement on Government Provision of Public Legal Information in the Digital Age - ANNEXES(IFLA)
http://www.ifla.org/files/assets/clm/statements/ifla_statement_on_public_legal_information_annexes.pdf