米国のジョージ・ワシントン大学図書館、大統領選挙に関するツイートを収集

米国のジョージ・ワシントン大学ゲルマン図書館が、同大学の研究者や学生のために、大統領選挙の候補者、政党、及び“election day”に関するツイート2億7,900万件を収集したと発表しています。

2016年11月20日付けの同大学の学生新聞“The GW Hatchet”の記事によると、大統領選挙が行われた11月8日の夜、図書館員が、選挙期間中の、候補者、政党、討論会等のツイートを、2014年に開発したソフトウェア“Social Feed Manager”を用いて収集したとのことで、研究者は、電子メールで申請することで、収集された情報にアクセスすることができると紹介されています。

Twitter(@gelmanlibrary,2016/11/10)
https://twitter.com/gelmanlibrary/status/796714591682236416

GW Libraries collect millions of election tweets(The GW Hatchet,2016/11/20)
http://www.gwhatchet.com/2016/11/20/gw-libraries-collect-millions-of-election-tweets/

Social Feed Manager(ジョージ・ワシントン大学図書館)
https://library.gwu.edu/scholarly-technology-group/social-feed-manager

参考:
Internet Archive、米国大統領選挙のウェブアーカイブ構築への支援を呼びかけ
Posted 2016年11月14日
http://current.ndl.go.jp/node/32928

E1815 - ソーシャルメディア・データの保存
カレントアウェアネス-E No.306 2016.06.30
http://current.ndl.go.jp/e1815