【イベント】信州発・これからの図書館フォーラム第5弾「これからの図書館の情報基盤―地域のデジタルコモンズを射程に―」(11/1・松本)

2016年11月1日13時から16時30分まで、松本市中央図書館に於いて、県立長野図書館による信州発・これからの図書館フォーラム第5弾「これからの図書館の情報基盤―地域のデジタルコモンズを射程に―」が行われます。

このフォーラムでは、知識基盤社会における地域の知の基盤としての「図書館」が構築すべき「情報基盤」について語り合われます。パネリストとして、吉本龍司氏(株式会社カーリル代表取締役)、藤田方江氏(株式会社カーリル、アカデミック・リソース・ガイド株式会社ディレクター)、中村佳史氏(HUMIコンサルティング、NPO法人連想出版)、岡本明氏(株式会社寿限無、NPO知的資源イニシャティブ)、花田一郎氏(大日本印刷株式会社hontoビジネス本部)が予定されています。

図書館フォーラム第5弾「これからの図書館の情報基盤-地域のデジタルコモンズを射程に-」(県立長野図書館、2016/10/16)
http://www.library.pref.nagano.jp/futurelibnagano_161101matsumoto

参考:
E1828 - 都道府県立図書館サミット2016<報告>
カレントアウェアネス-E No.309 2016.08.18
http://current.ndl.go.jp/e1828

県立長野図書館、「信州発・これからの図書館フォーラム」を開催:第1回は伊那市で開催(5/2・長野)
Posted 2016年4月11日
http://current.ndl.go.jp/node/31299