米国国立公文書館、“開かれた政府計画2016-2018”を公開:意見を募集中

米国国立公文書館(NARA)のFerriero館長が、2016年9月6日付の自身のブログで、2016年から2018年の2年間を対象としたNARAの第4次の“開かれた政府計画”(Open Government Plan)を公開したことを発表し、計画への意見を募集しています。

意見を受けて、計画の修正を行なうとのことです。

We want to hear from you! NARA’s Open Government Plan 2016-2018(AOTUS Blog,2016/9/6)
https://aotus.blogs.archives.gov/2016/09/06/we-want-to-hear-from-you-naras-open-government-plan-2016-2018/

Open Government Plan 2016 - 2018(NARA)
https://usnationalarchives.github.io/opengovplan/

Executive Summary(NARA)
https://usnationalarchives.github.io/opengovplan/summary/

参考:
E1313 - 米国国立公文書館,開かれた政府の実現へ向けて活動継続
カレントアウェアネス-E No.218 2012.07.12
http://current.ndl.go.jp/e1313

米国国立公文書館、ソーシャルメディア戦略の改訂案を公表し、意見を募集
Posted 2016年8月29日
http://current.ndl.go.jp/node/32413