米・国立芸術基金、米国民の芸術活動への参加の程度を調査した結果を公表:文学作品の読書は減少傾向

2016年8月30日、米・国立芸術基金(NEA)が、米国民の芸術活動への参加の程度を州ごと調査した結果を“ Results from the Annual Arts Basic Survey (2013-2015) ”及び“State‐Level Estimates of Arts Participation Patterns”として公表しました。

芸術活動には、コンサートへの参加や観劇、映画鑑賞、展覧会の観覧、史跡の見学、文学作品の読書、テレビ・ラジオ・インターネットでの芸術作品の視聴、芸術作品の創作活動、芸術に関する教育の受講等が含まれ、居住地、性、年齢、職業、学齢別の分析も行われています。

文学作品(小説、短編、詩、戯曲)の読書に関しては、2012年の47%から、2013年の45%、2015年の43.1%へと減少していることが指摘されています。

New Research Reveals National, State, and Regional Facts about Arts Participation(NEA,2016/8/30)
https://www.arts.gov/news/2016/new-research-reveals-national-state-and-regional-facts-about-arts-participation

Results from the Annual Arts Basic Survey (2013-2015) (NEA)
https://www.arts.gov/artistic-fields/research-analysis/arts-data-profiles/arts-data-profile-10

State‐Level Estimates of Arts Participation Patterns(NEA)
https://www.arts.gov/artistic-fields/research-analysis/arts-data-profiles/arts-data-profile-11

参考:
E224 - 文学作品を読まない大人たち‐米国芸術基金の報告書
カレントアウェアネス-E No.41 2004.08.04
http://current.ndl.go.jp/e224

米国芸術基金、米国人の読書を分析した報告書を刊行
Posted 2007年11月21日
http://current.ndl.go.jp/node/6868

1982年の調査開始以来初めて、文学作品を読む大人が増加(米国)
Posted 2009年1月14日
http://current.ndl.go.jp/node/11371