米スノホミッシュ郡-アイランド郡図書館とOverDrive社による電子書籍DDAの取り組み(記事紹介)

2016年8月23日付けのLibrary Journal誌電子版記事で、米国ワシントン州のスノホミッシュ郡-アイランド郡図書館が、OverDrive社と協働で実施したDemand-Driven Acquisition(DDA)の取り組みについて紹介されています。

DDAあるいはPatron-Driven Acquisitions(PDA)と呼ばれる、利用者の希望あるいは実際に利用した図書を購入する選書形式は、電子書籍の選書方法として大学図書館で導入事例が報告されていますが、公共図書館ではあまり例がありませんでした。

スノホミッシュ郡-アイランド郡図書館はOverDrive社に一般書のDDAについて呼びかけ、2016年6月から提供を開始したとのことです。提供にあたっては出版年の範囲(小説は制限なし、ノンフィクションは出版後5年以内)や1冊あたりの金額の上限、重複購入を避けるための仕組み等をあらかじめ取り決めてあったとのことです。

DDA開始後、利用者数や利用冊数が増加した一方で、開始当初は1日あたりの購入金額が14,000ドル~17,000ドルにまで至るなど予想外の事態も発生したことが紹介されています。なお、1日あたりの購入金額についてはオーディオブックを対象から除いたところ落着き、1日5,000ドル前後になったとのことです。

Sno-Isle, OverDrive Test Demand-Driven Ebook Acquisition(Library Journal、2016/8/23付け)
http://lj.libraryjournal.com/2016/08/industry-news/sno-isle-overdrive-test-demand-driven-ebook-acquisition/

参考:
CA1874 - 大学図書館における電子書籍PDA実験報告~千葉大学・お茶の水女子大学・横浜国立大学の三大学連携による取組み~ / 山本和雄、杉田茂樹、大山努、森いづみ カレントアウェアネス No.328 2016年6月20日
http://current.ndl.go.jp/ca1874

E1310 - 大学図書館に広がる電子書籍のPatron-Driven Acquisitions カレントアウェアネス-E No.218 2012.07.12
http://current.ndl.go.jp/e1310

E1600 - 電子書籍サービスで変わる大学図書館の業務と展望<報告> カレントアウェアネス-E No.265 2014.08.28
http://current.ndl.go.jp/e1600

E1605 - 大学図書館のコレクション構築とデジタル・コンテンツ<報告> カレントアウェアネス-E No.266 2014.09.11
http://current.ndl.go.jp/e1605