【イベント】伊藤忠記念財団、県立長野図書館など全国4か所で読書バリアフリー研究会を開催(10/1、2、29、30)

2016年10月に公益財団法人伊藤忠記念財団は全国4か所で「読書バリアフリー研究会」を開催します。

日程と会場は以下のとおりです。

(1)10月1日 県立長野図書館
(2)10月2日 山梨県立図書館
(3)10月29日 山形県立図書館
(4)10月30日 秋田県立図書館

読むための障害となるさまざまな原因と、それを解消するために有効な媒体、支援方法について学び、読書支援ができる人材の養成を目指すもので、有限会社読書工房の成松一郎氏による「一人ひとりの読書や学習を支える "合理的配慮" について考える」、金沢星稜大学人間科学部の河野俊寛氏による「学習障害って何だろう ~読み書き障害の特徴と支援方法の実際~」のほか、「通信情報技術(ICT)が広げる 障害のある子どもの世界 ~特別支援学校におけるICT教育の様々な取り組み~」と題した科目が開講されます。

定員は各会場とも40名で、受講料は無料です。参加には申込みが必要です。

読書バリアフリー研究会(秋)のご案内(伊藤忠記念財団, 2016/8/10)
http://itc-zaidan.or.jp/topic.php#225

参考:
伊藤忠記念財団、埼玉県立久喜図書館など全国4か所で読書バリアフリー研究会を開催(6/4、5、25、26)
Posted 2016年5月18日
http://current.ndl.go.jp/node/31621