オックスフォード大学、オックスフォード大学・英国におけるORCIDの導入状況等をまとめた報告書を発表

2016年7月29日、オックスフォード大学のボドリアン図書館が主導して行った“ORCID Scoping Project”の最終報告書が発表されました。

英国JiscやORCIDなどの組織とともに、4か月以上の調査をもとに、英国等におけるORCIDの現況をまとめたもので、オックスフォード大学におけるORCIDに関するさらなる投資を提言したものになっています。

Oxford University ORCID Scoping Study
http://blogs.bodleian.ox.ac.uk/digital/wp-content/uploads/sites/166/2016/07/Oxford-ORCID-Scoping-Study-Report.pdf

ORCID Scoping Study Report(Bodleian Digital Library, 2016/7/29)
http://blogs.bodleian.ox.ac.uk/digital/2016/07/29/orcid-scoping-study-report/

関連:
Research Information Management and Technology Sub-Committee (RIMTS)(University Administration and Services)
https://www1.admin.ox.ac.uk/researchsupport/researchcommittees/scworkgroups/rimts/

参考:
E1687 - ORCID導入のコストと利点とは?英国の試行プロジェクト
カレントアウェアネス-E No.284 2015.07.09
http://current.ndl.go.jp/e1687